IT業界のすみっこ暮らし

ふと気がついたときの記録

Python:pipバージョンアップ

pip本体のバージョンを7.1.2から8.0.2に更新を行う

tdoc.info

https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py

上記URLからget-pip.pyを入手してC:\Python34\Scripts に保存
C:\Python34\Scripts\python get-pip.py でpipインストール
pip install --upgrade pip で「Requirement already up-to-date.」が表示されたらGlobal環境は最新のpip済みの意味。

f:id:papamau:20161228231438p:plain

whlインストールとmysql接続後マイグレ

仮想環境でwhlファイルをインストール。バージョンの警告は出るけど、インストールは成功。

pip install c:\util\wheelhouse\mysqlclient-1.3.7-cp34-none-win_amd64.whl

f:id:papamau:20161228231600p:plain

f:id:papamau:20161228230345p:plain

python manage.py migrate

f:id:papamau:20161228230428p:plain

f:id:papamau:20161228230444p:plain

まとめ

1、C:\Python34 直下のpipのバージョンアップ若しくはget-pip.pyを元に再インストールを行えば、wheelのインストールが可能(バージョンアップ推奨メッセージは出るがエラーにはならない)。

2、1の手順によりグロバール環境(下記画像の【Python 64-bit 3.4】)のpipのバージョンは8.02で使えるけど、visual studioでグロバール環境を元に作成される仮想環境(【env(Python 64-bit 3.4)】は何故かpipのバージョンが7.1.2の旧バージョンのまま。

f:id:papamau:20161228230707p:plain